懐かしい漫画、最新の話題作、胸キュンのアニメなどの情報を発信致します。

ライオス:熊谷健太郎

ダンジョン飯』(ダンジョンめし)は、九井諒子による日本の漫画作品。年10回刊漫画誌『ハルタ』(KADOKAWA)にてvolume11からvolume107まで連載。著者初の長編連載作品。 登場人物が、古典的ファンタジー作品に登場する様々なモンスターを現実に存在する調理方法によってその場で料理しな…
157キロバイト (26,800 語) - 2024年2月29日 (木) 19:34



おおおおおぉぉぉ!自分の魔力を戻すためだけど進んで調理するとは。
確かに美味しそうなスープ。
でも全部スープにしないで、魔力回復薬として少しは今後のために残しておいたのかな・・・

【【手料理】マルシルが進んで魔物?精霊を調理。変わるもんだね~ 『ダンジョン飯 9話』】の続きを読む

ダンジョン飯』(ダンジョンめし)は、九井諒子による日本の漫画作品。年10回刊漫画誌『ハルタ』(KADOKAWA)にてvolume11からvolume107まで連載。著者初の長編連載作品。 登場人物が、古典的ファンタジー作品に登場する様々なモンスターを現実に存在する調理方法によってその場で料理しな…
157キロバイト (26,800 語) - 2024年2月29日 (木) 19:34



まさかナマリが龍を何体も倒していたドラゴンスレイヤーだったとは。
完全に前衛の戦士なのに、あれだけ軽装で冒険できる自信も納得。
上半身は、どう見積もっても皮の服くらいの防御力だよね。英雄がここに一人あり。

【【ドラゴンスレイヤー】 何体も龍を倒した経験があるなんて・・・・英雄譚が始まりそう。 『ダンジョン飯 9話』】の続きを読む

ダンジョン飯』(ダンジョンめし)は、九井諒子による日本の漫画作品。年10回刊漫画誌『ハルタ』(KADOKAWA)にてvolume11からvolume107まで連載。著者初の長編連載作品。 登場人物が、古典的ファンタジー作品に登場する様々なモンスターを現実に存在する調理方法によってその場で料理しな…
157キロバイト (26,800 語) - 2024年2月29日 (木) 19:34



アダマントの鍋でなく元は盾だったのか・・・
センシの盾としての使い道がなかったというのがセンシらしいwwww。
力が強いドワーフのセンシとナマリがいたからこそ成功した作戦だよね。

【【アダマント】まさか、鍋でウンディーネと戦うとは・・・ 『ダンジョン飯 9話』】の続きを読む

ダンジョン飯』(ダンジョンめし)は、九井諒子による日本の漫画作品。年10回刊漫画誌『ハルタ』(KADOKAWA)にてvolume11からvolume107まで連載。著者初の長編連載作品。 登場人物が、古典的ファンタジー作品に登場する様々なモンスターを現実に存在する調理方法によってその場で料理しな…
157キロバイト (26,800 語) - 2024年2月29日 (木) 19:34



テンタクルスの攻撃の影響で・・・ライオスの顔がwwwwww

33

漫画の目になったみたいなCMあったよね。

【【目が33に!】 ライオスの目が漫画の目になったwwwwwwwwww 『ダンジョン飯 9話』】の続きを読む

ダンジョン飯』(ダンジョンめし)は、九井諒子による日本の漫画作品。年10回刊漫画誌『ハルタ』(KADOKAWA)にてvolume11からvolume107まで連載。著者初の長編連載作品。 登場人物が、古典的ファンタジー作品に登場する様々なモンスターを現実に存在する調理方法によってその場で料理しな…
157キロバイト (26,800 語) - 2024年2月29日 (木) 19:34



復活したマルシルがナマリへお礼。
とりあえず・・・は必要ないだろう。
もう、マルシルも気が強いなぁ。
さあ、元仲間の女性同士の戦いが開始。

【【攻防】 と・り・あ・え・ず、ありがとう・・・さあ、ゴングが鳴った!! 『ダンジョン飯 9話』】の続きを読む

このページのトップヘ