懐かしい漫画、最新の話題作、胸キュンのアニメなどの情報を発信致します。

ヒンメル:岡本信彦

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 2021年に第14回マンガ大賞および第25回手塚治虫文化賞新生賞を、2023年に第69回小学館漫画賞受賞。 魔王を倒した勇者一行の後日譚を描くファンタジー。…
135キロバイト (19,819 語) - 2024年3月1日 (金) 14:54



フェルンが熱だして体調が悪そう。
そりゃ当たり前だよ。
雪山で洞窟に毛布みたいなの1枚だけ掛けて寝てれば。
シュタルクが元気すぎ。

【【当たり前】 そりゃ北方で雪山の洞窟だもん。『葬送のフリーレン 17話』】の続きを読む

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 2021年に第14回マンガ大賞および第25回手塚治虫文化賞新生賞を、2023年に第69回小学館漫画賞受賞。 魔王を倒した勇者一行の後日譚を描くファンタジー。…
135キロバイト (19,819 語) - 2024年3月1日 (金) 14:54



ザインは、ここで別行動か・・・
シュタルク達の良き兄貴分だったので寂しいけど、戦士ゴリラと合流出来る事を期待。
スピンオフ作品でもよいので。

【【期待】 僧侶アゴヒゲまたフリーレン達と会う事を期待l 『葬送のフリーレン 17話』】の続きを読む

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 2021年に第14回マンガ大賞および第25回手塚治虫文化賞新生賞を、2023年に第69回小学館漫画賞受賞。 魔王を倒した勇者一行の後日譚を描くファンタジー。…
135キロバイト (19,819 語) - 2024年3月1日 (金) 14:54



冷たい手で顔を触る・・・・小学生みたいな行動が喧嘩理由WWWWWW
でもファリンの気持ちもわかるよね。
あんなに強いシュタルクが何も考えずに肩を掴んだら・・・本人が力をこめたつもりがなくても力加減の基準が違うよね。

【【喧嘩】小学生みたいな喧嘩理由wwwwwww 『葬送のフリーレン 17話』】の続きを読む

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 2021年に第14回マンガ大賞および第25回手塚治虫文化賞新生賞を、2023年に第69回小学館漫画賞受賞。 魔王を倒した勇者一行の後日譚を描くファンタジー。…
135キロバイト (19,819 語) - 2024年3月1日 (金) 14:54



寒波による吹雪がザインはフリーレン達との一時ができたね。
嬉しそうだった。
きっと、戦士ゴリラを探す旅でなかったら、ずっと一緒にいたかもね。

【【一時】悪天候がもたらしたフリーレン達との時間…楽しかったんだね、ザイン 『葬送のフリーレン 17話』】の続きを読む

葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 2021年に第14回マンガ大賞および第25回手塚治虫文化賞新生賞を、2023年に第69回小学館漫画賞受賞。 魔王を倒した勇者一行の後日譚を描くファンタジー。…
135キロバイト (19,819 語) - 2024年3月1日 (金) 14:54



大昔の英雄の像。
まさか、クラフトとは・・・
僧侶アゴヒゲは、ハイターが名づけたんだwwww

【【英雄?】おおおおおぉぉぉ!クラフトはやっぱり凄かった! 『葬送のフリーレン 16話』】の続きを読む

このページのトップヘ