懐かしい漫画、最新の話題作、胸キュンのアニメなどの情報を発信致します。

シスル:小林ゆう

2014年自身初の長編連載『ダンジョン飯』を年10回刊漫画誌『ハルタ』で開始した。本作で「2015年度 コミックナタリー大賞」「2016年度このマンガがすごい!」「THE BEST MANGA このマンガを読め!2016」「全国書店員が選んだおすすめコミック 2016」のすべてで1位を獲得している。 ダンジョン飯(2014年…
5キロバイト (560 語) - 2024年2月3日 (土) 00:59



やはり丸顔は、癒し。

【【ほっこり系】既に存在が癒しの面々。 『ダンジョン飯 14話』】の続きを読む


レッドドラゴンのボンレスハム。
ん?けっこうこってり味なのかしら・・・・
ドラゴンって蛇やトカゲを連想していてあっさりな白身的な味かな~と思っていたけど。

【【こってり?】あれ、思ったよりこってり味なのかしら・・・・ 『ダンジョン飯 13話』】の続きを読む


絵画の子・・・狂乱の魔術師?
もう、登場なの?
ラスボス感があったのに、あっさりと。
シスルが今後どれだけ絡むのか楽しみ。

【【え、もう?】え、嘘!?もう登場なの?? 『ダンジョン飯 13話』】の続きを読む

ダンジョン飯』(ダンジョンめし)は、九井諒子による日本の漫画作品。年10回刊漫画誌『ハルタ』(KADOKAWA)にてvolume11からvolume107まで連載。著者初の長編連載作品。 登場人物が、古典的ファンタジー作品に登場する様々なモンスターを現実に存在する調理方法によって料理しながらダン…
155キロバイト (26,618 語) - 2024年2月20日 (火) 10:40



ダークエルフっぽい、シスルさん登場!

【【ダークエルフ?】狂乱の魔術師さん、顔が怖い…『ダンジョン飯 6話』】の続きを読む

ダンジョン飯』(ダンジョンめし)は、九井諒子による日本の漫画作品。年10回刊漫画誌『ハルタ』(KADOKAWA)にてvolume11からvolume107まで連載。著者初の長編連載作品。 登場人物が、古典的ファンタジー作品に登場する様々なモンスターを現実に存在する調理方法によって料理しながらダン…
155キロバイト (26,618 語) - 2024年2月20日 (火) 10:40



食べれない宝虫。
それは・・・・本物の財宝。
センシ、冒険者なのだからそっちがメインだろう・・・

【【価値なし?】ああああぁぁぁぁぁ!センシ!そっちがメインだろう~ 『ダンジョン飯 5話』】の続きを読む

このページのトップヘ